青山発M性感デリヘルAX痴女フェチクラブ青山

バナー

言葉責めとは?

言葉責めとは、元々はSM用語。SMに対し卑猥な言葉や侮辱する言葉を浴びせる、相手を興奮状態に追い込む精神的プレイのこと。
ただ言葉を羅列すればいいというものではなく、美的センスを求められる。 ノウハウやHOW TOがないため、かなり経験と知識に豊富さが要求されることは言うまでもないでしょう。

ただ罵倒したり、いやらしい言葉を吐きかけても、相手によっては腹を立てたり滑稽にしか受け止めなかったりします。そのため、相手が興奮するポイントをきっちりと踏襲し、お互いの理解を深めた上で行わないと無効となる可能性があります。
羞恥プレイ顔面騎乗なんかとのコラボでの言葉責めなどは気持ちがM性感プレイにのめり込んでいきますね。
また、難解な言葉や遠まわしな表現はなるべく使わない方がいいでしょう。これは、そうした言葉が脳に伝達するまでにワンクッションを置いてしまうからで、せっかくの興奮に水を差してしまいかねない恐れがあるからなのです。
言葉責めはテンポよく、スピーディーに行った方がお互いの気持ちは高揚しやすいと考えます。


言葉責め」 とは、セックスなどの性行為の際に、受け側のキャラに対し攻め側のキャラが口汚いセリフで罵倒したり、卑猥な言葉、屈辱的なセリフを喋るよう強要することです。SMの世界における、もっとも基礎的で必須の行動、プレイ様式となります。

 一般的には、「口では嫌だ嫌だと言ってるが、下の口はビショビショじゃないか」「どっちの口が言ってることが本当なんだ? んん~?」「ここに1人で来たってことは、そういう事なんだろう?」 などと、相手の体の反応や行動などを辱め揶揄したり、「お前が欲しいのはこれなんだろう…? だったら欲しいと言ってみろ」 などと、相手が自ら屈辱的なセリフを喋るよう促したり、強要したりします。

 また 「このメス豚が!」「こんなドスケベな女、見たことねーよ」 などと、相手の人格や存在そのものを悪し様に表現したり、「お前は一生、ここで性奴隷として生きていくんだ」「お前を生かすも殺すも俺の気まぐれ次第よ」 などと、未来のことを絶望的に言い聞かせるような使い方もあります。

 18禁 なエロマンガやエロゲーム、エロ小説 (官能小説)、あるいはアダルトビデオ (AV) などではおなじみの シチュエーション ですが、これらの言葉責めを受けてキャラやAV女優などが おちんちんをください、「精液をもっとたくさんかけてください」「射精してもらって嬉しい」 などと自虐的なセリフを喋るのが加虐趣味を満足させることにつながるのか、かなりポピュラーなプレイ形式になっていますね。

新着情報

会員登録で動画閲覧無料♪




会員様に感謝をこめて

本日はメンバーズDAY開催中です

会員様限定の割引となっております

痴女たちと最高の時間を

お過ごしくださいませ♪








さらに会員様限定痴女たちの過激動画公開中


★大好評痴女動画配信!★





メルマガ登録で見れます

↓ ↓ ↓ ↓



 

会員様ログイン

ログインすると会員様限定動画を見ることができます。

メルマガ

メルマガ会員募集中!

登録手続き完了後に登録確認メールが届きます。
携帯メールアドレスでご登録される方は、あらかじめ ax-aoyama.com
をドメイン指定受信許可に設定して頂きますようお願い致します。

各種携帯電話ドメイン指定受信設定方法の詳細は以下をご参照ください。
[docomo] [softbank] [au]

Twitter

シティヘブン